バイトの出勤前に座り込んで煙草を吸う いつも見る猫がいない 去年の夏、撫でさせてくれた黄色い目の黒猫はもういなくなってしまったみたいですこし寂しい 毎日を丁寧に生きるってなにかな 友達とお酒を飲むこと 綺麗な顔の男の子に会うこと 恋人との約束が…

わたしが秘密を打ち明けることができた最初の男の子は、びっくりするくらい顔が綺麗で性格も優しい 親友になれると思った こんなに顔も心も綺麗な男の子が存在するのかと驚いた わたしは彼のためならなんだってしてあげたいしときどき無性に会いたくなるし、…

毎日携帯をいじってるわりには全く開かなくなった 考えることは多いのにそれを吐き出すことをしないでなんとなく消化する 今日はとってもあったかかった 春だった 「はるだった」と打ち込むと「腹立った」が変換の最初に出てくるのはどういうことなのよ わた…

タバコにマッチで火をつけるのが好きだ これは7つ上のお姉さんと遊んだときに教えてもらったのだけど、タバコがおいしくなるよとのこと 普段はマッチを持ち歩くのが面倒でライターだけど家にいるときはときどきマッチで火をつける 木が燃える匂いは、小学生…

美しくて綺麗なもの とても好きだけど泣きたくなる ぐちゃぐちゃにしたくなる 両手でしっかり掴んで引きずりおろして指の間から糸を引いて落ちるような めちゃくちゃにしてやりたくなる 悔しい 哀しい 虚しい 可愛いは息をしていて生々しければ生々しいほど…

生きるって超せつなかった

1人は寂しいけれど同時に1人はとても安心して落ち着く 去年の春は引っ越して来て仲良い友達もそんなにいなくて 1人で近くの海まで散歩していた 陽に焼けるのが嫌で海は夕方か夜にしか行かないけれど 1人でふらふらするのが好きだった 山とか森とか、木がたく…

人と眠ること

まんまなんだけど人と眠ることはひどく愛おしくひどく疲れる行為だと思ってる 隣に人がいることは当たり前に自分だけではないということだし 安心もする だけどそれと同時に気づかないうちに気を遣っていて疲れる 休むために眠っているのに目覚めるとひどく…

本のメモ

あったかいなーーーー電車にゆらゆらごとごとされてねむたいなーーー全部ほっぽって逃げていきたいなっ 大好きな小説の一つに「エマの秘密に恋したら…」っていうのがあるんだけど、そのエマになりたい ソフィー・キンセラの小説は何冊か読んだけど彼女が描く…

夕焼けのメモ

今日はとても晴れていたから、家を出た瞬間スヌードを外してリュックに突っ込んだ あったかくて嬉しくなった 普段聞かないような音楽を聴いて踊りながら着替えた 本当に踊りながら着替えたんだよ 試験が終わって外に出たらすこし寒かった 春の匂いが鼻先を掠…

餃子とオムライスのメモ

毎日がのんびりとしている人生がいい 試験がつらい 好きなことではないことを無理やり勉強するのは苦しいな なぜこれを選んだのか今ではさっぱりわからなくなった 辞めてしまいたい 苦手なことばかりの中でひどく劣等感を感じてまたたくさん泣いてしまったけ…

メモ

学生だから、という理由で毎日を学校で過ごす 友達の笑い声も先生の声も ぜんぶ遠くに投げてしまいたい 時々気が狂いそうになる 叫び出してしまいそうになる わたしはこの小さな箱の中にたくさんの人間と詰め込まれて同じことを繰り返し繰り返し繰り返し繰り…

大好きな彼女が眠っているのを見るのがとても好き わたしのためにチョコレートを買ってきてくれるのも、会ってすぐに抱きしめてくれるのも、とても好き きっとわたしは彼女のためならなんだってできる なんだってできると思えることが大事だと思うよ できる…